債務整理をするとスマホは解約になるのか?

債務整理をするとスマホは解約になるのか?

携帯電話は、今や生活の必需品と認められている状況です。
そのため、債務整理をしても携帯電話を解約しなければならないかというと、必ずしもそうではありません。

 

携帯電話本体を分割支払にしている場合、これも一つのローン(割賦払い)と見なされます。では、この状況で債務
整理を行うとどうなるでしょうか?

 

債務整理の内容別で以下の様になります。

 

 

過払金請求を実施した場合

 

解約をする必要はありません。

 

任意整理を実施した場合

 

任意整理の対象から携帯電話会社を外せば、影響はありません。
解約をする必要もありません。
もし携帯電話会社を任意整理の相手とした場合でも、携帯電話を解約するまでには至らないでしょう。
但し、その携帯会社と新規契約を結ぶ事が難しくなったり、
機種変などによる携帯電話本体費用の分割支払いは出来なくなります。(現金一括払いなら本体も購入可能)

 

個人再生を実施した場合

 

携帯電話会社が債務整理の対象者になりますが、解約するまでには至らないでしょう。
但し、その携帯会社と新規契約を結ぶ事が難しくなったり、
機種変などによる携帯電話本体費用の分割支払いは出来なくなります。(現金一括払いなら本体も購入可能)

 

自己破産を実施した場合

 

携帯電話は生活必需品であるため、基本的には処分の対象にはなりません。

 

しかし、料金の支払いや機種代などの滞納があった場合、携帯電話会社が債務整理の対象者になります。

 

その場合は、携帯電話会社の債務が免責となるため、携帯電話、スマホを手放さなければならなくなります。

 

 

通常、携帯本体(割賦払い)と利用料を合計した金額が携帯会社から届きますが、

 

この本体代と利用料が明確に分かれている携帯会社の場合、

 

月々の利用料のみを払う事で、携帯使用が引き続き可能になる場合があります。

 

但し、個人再生の時と同様、その携帯会社と新規契約を結ぶ事が難しくなったり、

 

機種変などによる携帯電話本体費用の分割支払いは出来なくなります。(現金一括払いなら本体も購入可能)

 

この件については、弁護士によっても意見が分かれるところとなっていて、難しい問題になっています。

 

中には自己破産前に携帯電話をもう一つ契約させたりしている弁護士もいます。

⇒課金でクレジットカードが払えない時の対処方法はこちら

課金でクレジットカードが払えない時の最終手段・メリットデメリットをまとめています。