債務整理の一般的な費用はどれくらい?

債務整理の一般的な費用はどれくらい?

債務整理には、過払金請求、任意整理、個人再生、自己破産がありますが
それぞれにかかる費用の目安は次の通りです。

 

過払金請求

 

着手金20,000円〜30,000円(1社当たり)、成功報酬 返済金額20%

 

例:債権者が1社、債務合計100万円の場合で、交渉の結果、返金金額が40万円あった場合

 

(1社×30,000円)+(40万円×0.2)=110,000円

 

任意整理

 

着手金20,000円〜30,000円(1社当たり)、成功報酬 減額金額20%

 

例:債権者が2社、債務合計100万円の場合で、交渉の結果、減額金額が20万円あった場合

 

(2社×30,000円)+(20万円×0.2)=100,000円

 

個人再生

 

着手金250,000円〜300,000円、成功報酬300,000円

 

自己破産

 

250,000円〜500,000円

 

 

弁護士や司法書士によって、打合せの時間の費用を請求される場合があります。
ゲームアプリの課金などで借金を背負った人の大半は、任意整理、個人再生、自己破産という手段が取れます。

 

 

債務整理には、債務整理自体にかかる費用が高額になります。
どの様な債務整理を取っても、10万円以上はかかると認識しておいた方がよいでしょう。
また、弁護士や司法書士を選ぶ時は、自分が相談し易い人を選ぶようにしましょう。

 

当然、こちら側にも弁護士や司法書士を選ぶ権利があります。

 

うまく意思疎通出来る人でないと、債務整理自体がうまくいかない事もあります。

⇒課金でクレジットカードが払えない時の対処方法はこちら

課金でクレジットカードが払えない時の最終手段・メリットデメリットをまとめています。