債務整理は家族や会社にバレないのか?

債務整理は家族や会社にバレないのか?

債務整理は家族や会社にバレるかどうかといった点について
お話しします。

 

過払金請求

 

バレません。

 

過払請求は弁護士(司法書士)と債権者との間で、グレーゾーン金利の返済を求めた交渉です。
そのため、申請者から提出する書類は債権者との契約状況(金利面)の書類提出のみで行われます。
基本的に債権者から家に電話があったりする事はなく、全て弁護士(司法書士)を通じた話しとなるため、バレないと言えます。

 

任意整理

 

バレません。

 

任意整理は、債務整理の中でも裁判所を通さない、債権者と弁護士間の和解交渉となります。

 

提出書類は、収入を証明するものなど、基本的に会社から発行を受ける給料明細や源泉徴収書など、
自己完結出来る書類が提出書類となり、弁護士(司法書士)からの連絡も、希望すれば自分の個人携帯でやり取りを行えますので、
誰かに知られる事はありません。

 

個人再生

 

  • 家族にはバレます。
  • 会社にはバレる可能性があります。

 

個人再生は、少なくとも家族にはバレます。高額な財産は売却しなければならないため、
自家用車をお持ちの方は売却する必要が出てきます。

 

また、車のローンなどを組んでいた場合も、即座にローン会社から車の
引き上げ要請がありますので、家族にはバレます。

 

会社にはバレる可能性があります。
居住している場所が社宅であったりする場合、その社宅証明を出す必要があります。
そうなると、会社に社宅証明を要望する事が必要となりますので、バレる可能性があります。

 

また、場合により債権者側が、会社に給料差押えの連絡を入れる可能性が少なからずあります。
弁護士(司法書士)から会社に連絡をする事はありません。

 

自己破産

 

  • 家族にバレます。
  • 会社にはバレる可能性があります。

 

自己破産は、確実に家族にバレます。同居人の給料明細や源泉徴収書が必要
となりますので、家族の協力無しには自己破産は行えません。

 

会社には、バレる可能性があります。バレる可能性が高いのは、会社から借入
をしている場合です。自己破産はすべての借入業者を対象に手続きを行うため
会社から借入をしている人はバレてしまいます。

 

スマホのゲーム等で課金が膨大になると言っても、個人再生レベルで留まると思います。
その場合は、家族や会社にはほぼバレない(バレにくい)と考えてもよいと思います。

⇒課金でクレジットカードが払えない時の対処方法はこちら

課金でクレジットカードが払えない時の最終手段・メリットデメリットをまとめています。