債務整理でクレジットカードを残すことは可能?

債務整理でクレジットカードを残すことは可能?

債務整理を行うと、クレジットカードを残せるかどうかについて以下を参照下さい。

 

過払金請求

 

過払金請求を行い、その結果借金が0円以上になる場合はクレジットカードが残せます。
反対に、借金は軽減するが0円にはならない場合は、「金融事故」扱いとなりクレジットカードは残せません。
(「金融事故」がクレジットカード会社に判明した時点で利用出来なくります。)

 

任意整理

 

任意整理の場合、債権者からクレジットカード会社を対象外とする事でクレジットカードが残せます。
しかしながら、クレジットカード更新時に金融事故情報が残っていると、
今は良くてもクレジットカード更新時に、更新出来なくなる可能性があります。

 

個人再生

 

個人再生の場合、「金融事故」扱いとなり、クレジットカードは残せません。

 

自己破産

 

個人再生の場合と同様、「金融事故」扱いとなり、クレジットカードは残せません。

 

債務整理の中でも、過払金要求や任意整理の場合は、クレジットカードを残せる可能性がありますが、
その他の債務整理の場合は、基本的にはクレジットカードが使えなくなると認識しておきましょう。
また、任意整理を行った後、新規クレジットカードの申し込みも出来ません。

 

債務整理上、任意整理5年、個人再生7年、自己破産10年の期間は新たなクレジットカードの申し込みは出来ないとされています。

 

スマホアプリで課金が支払えず債務整理を行うのであれば、

 

任意整理を選択すればクレジットカードが残せる可能性があります。

⇒課金でクレジットカードが払えない時の対処方法はこちら

課金でクレジットカードが払えない時の最終手段・メリットデメリットをまとめています。