スマホアプリ課金で合算請求が払えない。債務整理は可能か

スマホアプリ課金でスマホの合算請求が払えない。債務整理は可能か

スマホアプリの課金が多額になってしまい、請求金額が払えない場合、債務整理は行えるでしょうか。

 

結論としては債務整理は行えます。

 

では、どの様な債務整理を行う事が出来るでしょうか。

 

過払金請求

 

過払金請求は今回の様なケースでは行えません。
過払金請求とは、消費者金融等に法律で定められた利息以上の支払いをしている人が行える請求対応です。

 

任意整理

 

任意整理は行えます。
あなたの課金総額が100万円以下なら任意整理を行いましょう。

 

任意整理は、主に小額(100万円以下の借金)の債務整理です。
弁護士や司法書士を介して債権者と和解交渉を行います。
和解とは、これからの遅延利息等を免除してもらい、元金だけを分割して支払っていくという手続きです。

 

返済は通常3年間で行います。

 

個人再生

 

個人再生は行えます。

 

あなたの課金総額が100万円を超える場合は個人再生を行うことになるでしょう。
個人再生は、借金総額の1/5、もしくは、純資産の総額のどちらか高い方が返済する総金額となります。

 

例えば、借金が600万円あったとして、個人再生によって借金が120万円までカットされたとします。

 

しかし、自分が乗っている車の価値が200万円であった場合、支払う金額は200万円となってしまいます。

 

自己破産

 

自己破産は行えます。

 

自己破産とは借金をすべて無くしてもらう代わりに、自分の資産を処分するという債務整理方法です。

 

但し、注意しなければならない事は、浪費、ギャンブルなどによる借金は基本的に免責不許可事由となります。
自己破産が出来ません。

 

しかし、既にゲームなどは止め、課金などもしていないといった、借金の原因と考えられる事を排除している場合は、

 

「裁量免責」という手段で自己破産を行う事が可能となります。

⇒課金でクレジットカードが払えない時の対処方法はこちら

課金でクレジットカードが払えない時の最終手段・メリットデメリットをまとめています。