課金 借金 ソシャゲ 債務整理

モバゲー課金の借金が払えない場合の対処法

元モバゲータウン、2011年から「Mobage」に名称を改めている、通称モバゲー。

 

このモバゲーでも課金がやめられずに借金を抱えてしまう人が、ゲームの流行に伴い増えてきています。

 

どうしても欲しいアバターがあったり、ゲームの中で付き合いが出来てしまったり、

 

単純にゲームにハマってしまったりと、いくつかの重課金者になるまでの道すじがあります。

 

 

モバゲーの場合、

 

主に、クレジットカード・スマホの合算請求での課金を重ねてしまい、

 

その請求金額が支払えなくなってしまった。

 

という事故が主に見受けられます。

 

たとえゲームによって膨らんだものでも借金は借金です。

 

なので、債務整理という国の定めた救済制度の対象になります。

 

債務整理とは
  • 利息だけをカットして、残った元本を3〜5年かけて返済する
  • 元本を1/5にカットして、残った元本を3〜5年かけて返済する
  • 自己破産で全ての借金の支払い義務を免責する。

 

「債務整理で借金を無理の無いものにしたい」という場合
弁護士に相談をして、自分にとって一番無理のない方法を選んでいくことになります。

 

「ゲームで使ったなんて相談しても良いの?」と思われるでしょうが。

 

弁護士のもとにゲームの課金で出来た借金が払えないという相談は近年、とても増えております。

 

借金の金額を減らしたり、免除したりといった手続きも頻繁に行われています。

 

また、ソーシャルゲームの射幸感を煽る商法は以前から問題視されておりますので、世間から重課金者は被害者の様にも捉えられています。

 

一人で悩まずに、まずは課金の借金について無料相談をされてみると良いでしょう。

 

 

 

⇒課金でクレジットカードが払えない時の対処方法はこちら

課金でクレジットカードが払えない時の最終手段・メリットデメリットをまとめています。