課金 借金 返せない

パズドラの課金の借金は自己破産で払わずに済むのか?

パズドラでついつい課金をしすぎて、カードの請求を見てゾっとする。という方が増えてきています。

 

パズドラだけでなく、モンストやその他のスマホゲームはユーザーがついつい課金したくなる様に作られています。

 

課金アイテムの魔法石がなければ、ユーザーが不便に感じることが多いはずです。

 

つまりゲームは無料ですが、ゲームを楽しもうと思ったら課金をしなければならないのです。

 

一定の期間でしか手に入らないキャラクターが、「わずか一桁の確率でしか排出されない」という仕掛けも、ユーザーを課金に駆り立てています。

 

  • 「次こそは、次は出るだろう・・」
  • 「もう2万円も使ってしまった・・」
  • 「今更あとには引けない」

 

と、このように深みにハマって課金を重ねてしまうわけです。

 

 

最近ではパズドラの借金も免責になるケースが少しずつ上がってきている

 

「パズドラ課金による借金」は、基本的には免責の対象にならないといわれています。

 

しかし、破産の申し立てをした後もギャンブル等の浪費をしたり、

 

必要な手続きをすっぽかしたりという悪質なことが無ければ、

 

パズドラ課金による借金でも免責されるというケースが報告されています。

 

「反省文、家計簿の提出」
「口頭審査により個別の訓戒を受ける」

 

という経緯を経て、「反省」していて、今後同じことを繰り返すつもりが無いということを裁判所に伝えた結果、
課金で作った借金の返済から開放されることもあるとのことです。

 

スマホゲームの射幸心をあおる商法は、以前から問題視されているため、

 

課金をしすぎたユーザーは、世間から被害者として見られている側面があります。

 

なので、一人で絶望したりせずに、まずは法律事務所の無料相談を利用するなどして、

 

自分の借金にどの様な対処が出来るのかを確認しておきましょう。

⇒課金でクレジットカードが払えない時の対処方法はこちら

課金でクレジットカードが払えない時の最終手段・メリットデメリットをまとめています。