スマホゲーム課金の借金が払えない|運営は死ぬまでユーザーを追込む?

スマホゲーム課金の借金が返せない人が増えています。

パズドラ、モンスト、ツムツムなどのスマホゲームで

 

ついつい課金をしてしまい、気づいたら返せない金額の借金を抱えてしまっていた・・

 

という人が、ソーシャルゲームの流行に伴い増えています。

 

ここでは、そんな課金で出来た借金のお悩みをスッキリできる方法を紹介しています。

 

⇒スマホゲームの運営は、ユーザーが死んでも刈り取り続ける?

 

課金分を含めてクレジットカードが支払えない場合に使えるワザ

 

スマホゲームの課金の借金が払えないという場合、多くの方がクレジットカードの借り入れが増えすぎています。

 

このクレジットカードの支払いを払いやすい様に分割して、利息も0にすることが可能です。

 

それは『任意整理』という方法です。

 

任意整理とは・・|ゲーム課金の借金でも出来るの?

 

今の支払いが厳しい場合に利息をカットしたり、無理なく払えるように分割してもらえます。

 

だいたい、3〜5年程度の分割で支払っていくことになります。

 

また、任意整理をすると『督促、取立て』が止まります。

 

ゲーム課金の借金で使える可能性が高いのが、この任意整理です。

 

任意整理って幾らかかるの?

 

任意整理の場合はカード会社1社につき4万円〜5万円程度で行えます。

 

安いところだと3万円ほどですが、割高なところだと1社で50,000円くらいかなという相場です。

 

ただ、安くてもしっかり仕事をして貰えなければ意味が無いので法律事務所探しは慎重に行いましょう。

 

⇒法律事務所探しと無料の相談が匿名で出来ちゃいます!

 

任意整理は家族・会社に分からない様に行える※ゲーム課金でもOK

 

任意整理は、『個人再生』『自己破産』と違って家族・会社にバレずに対処が行えます。

  • 出来れば身内には心配をかけたくない
  • 信用を失いたくないので会社には内緒にしたい

という方には大きなメリットと言えます。

 

内密に行いたい場合には法律事務所の方に事前に相談しておきましょう。

 

任意整理のデメリットは?

 

任意整理を行うと、今後しばらく借り入れが出来なくなります。
※期間は2〜5年でその人により異なる

 

任意整理したクレジットカードは使えなくなってしまいます。

 

債務整理の中でも最も負担の少ないものではありますが、そのデメリットは把握しておきましょう。

 

任意整理の対象から外すことで、特定のクレジットカードを残すことも可能ですが、更新が出来ない場合があります。

 

しかし、人によって異なるので、このあたりは担当の司法書士・弁護士に相談をしておきましょう。

 

⇒「この借金ってタダにならへん?」を恥ずかしげもなく匿名で聞けるのはココ

 

スマホゲーム課金の債務整理:まとめ

 

スマホゲームによる課金が返せない場合の債務整理としては任意整理が最も負担の少ない手続きです。

 

家族や会社にも内密に行えます。

 

デメリットとして、任意整理をしたクレジットカードは使えなくなりますし、新たな借り入れも出来なくなります。

 

メリットとしては、督促や取立てがストップして精神的に安心できます。

 

まずは、無料相談だけでもしてみてください。

 

ゲーム課金の借金、無料相談の窓口一覧

 

任意整理相談センター(アルスタ司法書士事務所)

 

  • 家族に内緒OK
  • 後払い・分割払い可
  • 全国対応
  • 今すぐ電話相談可

 

無料相談はこちらから

 

任意整理相談所(ウイズユー司法書士事務所)

 

  • 秘密厳守・家族内緒OK
  • 後払い・分割払い可
  • 全国対応
  • 今すぐ電話相談可

 

無料相談はこちらから

 

○匿名無料相談の街角法律相談所

 

 

街角法律相談所では、こんな質問が無料トクメイで行えます。

 

  • 課金の借金をバレずに何とかしたい
  • 自分の場合どんな手続きが出来るのか?
  • 自分の場合費用はどれくらいかかるのか?
  • ゲームで借金したなんて・・誰にも知られたくないんですけど隠したまま解決できますか?

 

無料トクメイの街角法律事務所はこちら

 

 

電話番号の入力がありますが、メールでの返答を希望すれば電話はかかってきません。

 

メールのみの対応も可能ですが・・電話の方が自分の温度感も伝わるため、メンタル面でも受け止めてもらえます。
もし眠れないほど悩んでいるのなら、一度時間を指定して電話対応を依頼した方が安心して眠れるのではないかなと思います。

 

どちらにしても無料で匿名です。

 

特に勧誘などはありません。

 

私も以前相談したことがあったのですが、全く勧誘は来ていません。

 

その時の記事をまとめているので良かったら参考にしてみてはどうでしょう。

 

⇒街角法律相談所の無料診断ツールを実際にやってみました!

 

無料トクメイの街角法律事務所はこちら

 

お金のことで悩むのは恥ずかしいことではありません。

 

困ったときに恥ずかしいからと相談せずに、風俗嬢になってしまったり、闇金に手を出してしまう方も居ます。

 

しかし、どんな儲かっている社長さんでも、過去にお金に困っていた時期が必ずあります。

 

彼らがやったことは、お金で困ったときに人に頭を下げて相談したということです。

 

今の時代はネットがあるので、頭を下げなくとも相談くらいはできます。

 

どうか、『恥ずかしい』とは思わないで下さいね。

 

無料トクメイの街角法律事務所はこちら

 

増えているスマホゲームの相談

 

  • スマホ課金代金が合算された月々のケータイ電話代金支払えない
  • 課金で使ったクレジットカード支払いが出来ない
  • 課金の為にキャッシングに手を出してしまったが返済が出来ない

 

この様な状態になってしまった場合、

 

そのままにしておくと、利息が膨らんで借金がもっと増えてしまいます。

 

借金が払えなくなった場合、最終的には給与の差し押さえが発生するなどして会社にも伝わってしまいます。

 

出来れば、最悪の事態になる前に手を打つべきです。

 

いざという時の『最後の手段』を備えておきましょう。

 

借金が払えなくなり、最悪の事態を避けるために、弁護士・司法書士に依頼して借金の調整をして貰うという方法があります。

 

依頼するしないは最後に決断することになりますが、

 

自分の場合にはどの様な対応が出来るのか』を

 

相談だけでもしておくと後々の手遅れになることを防ぐことに繋がります。

 

相談に費用はかからないのか?

 

弁護士・司法書士に任意整理を依頼するとなれば費用が発生します。

 

しかし、相談だけであれば費用はかかりません。

 

無料トクメイの街角法律事務所はこちら

 

 

ゲーム課金は債務整理で減額したり、自己破産で0にすることは出来ない?

 

ゲーム課金が「浪費」に当たるものとして「自己破産で支払いを免れることが出来ない」とネットで噂がされていますが、

 

弁護士に相談して手続きをした場合、免責が受けられます。

 

つまり、たとえゲームの課金代金でできた借金であっても、
支払うことが難しい借金の利息をカットしたり、借金そのものを減額したり出来るということです。

 

それでも支払いが難しければ、自己破産することで借金の返済そのものを免除されたケースも最近では出てきています。

 

スマホゲームの課金を煽る仕組みは以前から問題視されているため、国が救済してくれる可能性は多いにあるのです。

 

知識が債権者から自分を守ってくれる

 

法律事務所に相談をして、最後の手段として債務整理を考えておくと、

 

クレジットカード会社などの債権者の言うなりになって、高額な利息を支払わされる事態を避けることができます。

 

「借りたお金を返さないなんて・・・」と真面目な方は思われるかもしれませんが、

 

抜け道を見つけて、数億円の借金をチャラにしている企業家も居るくらいです。

 

そもそも、キャッシング会社やクレジットカード会社は何人かの焦げ付き(債務不履行のこと)が出ても
採算が合うように、あらかじめ計算しています。

 

今は、債権者の心配をするよりも、自分自身の心配をして欲しいと私は思っています。

 

知らない者は搾取(さくしゅ)され、知っている者は強者からの搾取(さくしゅ)を避けることができます。

 

何にしても、「知っている」ということは自分自身や家族を守る上で武器になります。

 

早めの相談を心がけましょう。

 

相談は無料です。

 

無料トクメイの街角法律事務所はこちら

 

スマホゲームの運営は、ユーザーが死んでも刈り取り続ける?

 

多くのスマホゲームは無料でプレイできます。

 

そのため、ユーザーは気軽にゲームをインストールして遊ぶというアクションを起こしやすいです。

 

課金するつもりの無い人間が課金で借金までしてしまう理由

 

「当初課金なんてするつもりも無かった」ユーザーが、あるラインから課金をする様になり、中には課金が止まらなくなり借金を抱えてしまう方も居ます。

 

「無料でプレイできるけど、本格的にプレイするにはお金がかかる」この様なゲームアプリの手法を「フリーミアムモデル」と呼びます。

 

スマホゲームの刈り取る仕組み

 

  • 課金しないと強くなれない⇒キャラが弱い
  • 課金しないとプレイが出来ない⇒スタミナ
  • 課金しないと不便⇒スタミナ・キャラの育成
  • 課金しないと惨めな思いをする⇒協力プレイでキャラが弱いと仲間に入れてもらえない

 

スマホゲームは、主に上記の障害を作ることで課金したくなる様に作られています。

 

ゲームを楽しむ為の障害を取り除くためには、お金、つまり課金が必要になるのです。

 

コレによってユーザーは以下のアクションからお金をゲーム会社に献上する

 

  • ガチャ
  • ○○石の購入

 

何度も回してしまうガチャ

 

ガチャで手に入るキャラクターのレア度は3〜5で、レア度5のキャラが出る確率は0.数%程度に絞られています。

 

ユーザーがムキになって課金してしまう仕掛けです。

 

コレも、ユーザーが積極的に課金をする様に作られた仕組みの1つです。

 

ガチャを回すには、ゲーム内のアイテム、○○石(ゲームによって呼び方は様々)を購入する必要があります。

 

アイテムの購入で快適になるゲームプレイ

 

○○石を購入すれば、スタミナによるプレイ制限に悩まされることもありません。

 

キャラを育成する為の条件も、ある程度課金アイテムで解決することが出来ます。

 

ユーザーは、この様に課金せざるを得ない状況に、じりじりと追い込まれているということです。

 

周りに止めてくれる人が居ない社会人がハマるとヤバい課金地獄

 

「父親カードを勝手に使い、50万円ゲームで使って半殺しにされた」なんていうエピソードはまだ可愛いものです。

 

叱ってくれる方が近くに居るというのは、それだけで歯止めになります。

 

しかし、課金のスイッチが壊れてしまい、中毒的に「止められない」状態になっている方が、自立した社会人だった場合、

 

彼(彼女)は破産に向けて突き進むことになります。

 

運営は、ユーザーが死ぬまで刈り取る?

 

運営側に意図的に死ぬまで追い込むつもりは無いでしょう。

 

  • 課金で資金が底をつき、ご飯が食べられずに餓死者が出た
  • 課金で借金を背負い、誰にも言えずにユーザーが自殺した

 

例えば、上記の様な事態になれば、運営会社は世論からバッシングを受けて同モデルで収益を上げ続けることが出来なくなります。

 

しかし、自分の収益を落としてまでユーザーを守る義理はゲーム運営会社にはありません。

 

社会からの目を気にしながら、収益を確保していく必要があるため、「課金をしすぎない様に気をつけている」という建前を保ちながら、スマホゲームの運営会社はユーザーが死ぬとか死なないは別に課金を促し続けるでしょう。

 

つまり、自分の身は自分で守らないと誰も守ってくれないということです。

 

⇒課金の止め方
⇒弁護士への相談方法

 

それぞれ参考にして何とか立ち上がってください。

 

⇒スマホゲーム課金の解決方法TOPへ戻る

 

いつでもこのサイトを参考に出来るように、ブックマークしておいてくださいね。